日本基督教団箕面教会

生きる意味を発見し、支えあう喜びを分かち合いましょう

箕面教会が属している日本基督教団は、1941年に30あまりのさまざまに異なる教派の教会が合同してできた組織です。日本で最大のプロテスタント教会のグループで、現在日本の各地に約1,700の教会・伝道所があります。
箕面教会は教団設立後に創立し、特定の教派的背景はありません。教会員みんなで話し合いながら教会運営に当たっています。

新着情報

【教会学校からのお知らせ】
箕面教会では、新型コロナウィルスの感染防止策として、
①日曜日の礼拝は、窓を開けるなど換気に注意しながら行っています。
②礼拝後および平日の集会は、すべて休会しています。4月9日, 10日の受難週祈祷会も中止します。
③今年のイースター(4月12日)は例年よりも縮小して行います。
・聖餐式はありません。
・礼拝後の愛餐会やイースターエッグの配布も行いません。
【教会学校からのお知らせ】
教会学校の礼拝と活動のお休みの期間は、4月12日まで延長し、4月19日から再開の予定に変更します。教会学校の皆さんには追って案内します。

皆さまへの主の守りと平安をお祈りするとともに、一日も早く新型コロナウィルスの拡散が終息し、多くの方々と礼拝を行えるようになることを願っております。

3月1日(日)
説教題:愛を受ける
聖書:マタイによる福音書 26章26−30節

上地 武牧師
3月8日(日)
説教題:御心を祈る
聖書:マタイによる福音書 26章36−46節

上地 武牧師
3月15日(日)
説教題:人間の本性
聖書:マタイによる福音書 27章15−26節
上地 武牧師
3月22日(日)
説教題:十字架にとどまる
聖書:マタイによる福音書 27章32−44節
上地 武牧師
3月29日(日)
説教題:イエスの代祷
聖書:マタイによる福音書 27章45−56節
上地 武牧師
〈レントからイースターへ〉
2月26日(水) 灰の水曜日 受難節(レントに入ります)
3月1日~4月5日 6回の礼拝では、消灯礼拝を行います。
4月5日(日) 棕櫚(しゅろ)の主日 受難週に入ります。
4月9日(木) 洗足木曜日:受難週祈祷会 (中止)
4月10日(金) 受難日:受難週祈祷会 (中止)
4月12日(日) イースター(復活日)礼拝

お知らせ